タグ検索:繊維スリング

屋内で使用する場合→ 使用開始後7年まで
常時屋外で使用する場合→ 使用開始後3年まで

※使用期間が過ぎたものは廃棄してください。
※使用開始日は玉掛け用具の管理台帳に記録するなど、忘れないようにしてください。

【参照】ベルトスリングの点検方法
【参照】ベルトスリングの点検表(使用開始日を記入できる点検チェックシート付)
    ※ダウンロードには会員登録が必要になります。


シグナルライン(または「使用限界標示」と呼ぶ)は、
ベルトスリングのベルト部分の外面からの損傷に対する使用限界を示すためのもので、ベルトを構成する一部の糸の色相を他と変わったものとするなどして設けた標示のことです。

シグナルラインが著しく露出または消失したベルトスリングは廃棄してください。

【参照】ベルトスリングの点検方法



ベルトスリングは、ワイヤロープやチェーンスリングに比べて取扱いしやすい反面、傷つきやすく摩耗しやすい玉掛け用具のため、コーナーパットをご使用ください。

ベルトスリングの幅にあわせた、筒状タイプ、マジックテープタイプなどの容易に脱着できるものや、高強度な材質のコーナーパッドなど、様々な種類が用意されていますので、ベルトスリングメーカーにお問い合わせください。


コーナーパット

薬品が残らないように十分に水洗いして保管してください。

化学薬品用スリングの残存強度は、薬品の濃度とスリングを浸けている
時間によって差が出ます。

薬品は蒸発していくにつれ、濃度が高くなっていきます。

よって、使用後に水洗いをしなかった場合、スリングに付着した
薬品が蒸発していくにつれ、スリングの耐力は落ちていきます。

目に見えない耐力低下で事故を起こさないように、化学薬品用スリングを
ご使用になられた後は薬品が残らないように十分水洗いしてから保管してください。


スリングを両側へ引っ張る力のことです。

吊り角度が大きくなるとスリング(ワイヤロープ・繊維スリング・チェーンスリングなど)に掛る張力は増すことになります。


キーワードで探す